準備・心構え

自動売買システムは「打ち出の小槌」ではありません

「自動売買システムはパソコンが動かすのでトラブルやミスの無い完全無欠なモノ」と過信し過ぎてしまうと大変です。
 
例えば・・パソコンのフリーズなど停止、インターネット回線の切断、停電、取引所の停止、自動売買システムのトラブルなどが発生する場合だって考えられます。

自動売買システムの使用で基本的かつ重要な事項

  1. システムの取り扱いに慣れてから実際の投資に使用を開始して下さい
  2. マーケットは想定外の動きをすることもあります。どんな時も慌てることのない範囲の取引量で、無理をしないことは最重要です
  3. 万が一のトラブル時にも、ご自身で証券会社に注文ができるように準備をしておくことも必要です

先輩たちの失敗から学ぶ完全自動売買のタブー

調子のよい時に取引量を増やさない

完全自動発注システムは、順調に取引を重ね資金が順調に増える場面があります。
 
しかし、“順調な時こそ慎重に”なる必要があります。
人間は不思議なもので、良い時にはいつまでもそれが続くような錯覚に陥る事があり、そういった場面で取引量を何倍にもしてしまう人がいます。
 
すると、次に来るロスカットの場面では今までの数倍の資金減になり、それを取り返そうという心理が生まれ「負のスパイラル」に自分自身を巻き込んでしまいます。
 
“順調な時こそ慎重に”・・これは非常に大切です。

自分のキャパを超えた取引をすると自滅する

完全自動売買システムは、時に極めて順調に取引を重ねてくれて資金を増やしてくれます。
 
そのような時に
「もし、この3倍の取引量だったら利益も3倍だったのに・・」と欲が出てしまう場合があります。
 
しかし毎取引が全て利益になるわけではありませんし、パソコンが取引するから“感情に関係ない取引ができる”ワケでもありません。
パソコンが取引しようとも自分で取引しようともご自身の資金を動かすことには変わりはないので、自分のキャパを超えた取引(枚数設定)をしてしまうと感情的な動揺(高揚・焦燥など)が生まれます。
 
その結果、しなくてもよいロスカットを自分でしてしまったり、ストレスから正しい判断ができなかったりして何かしらのミスを自分が招いてしまいます。
 
自分にとって無理のない範囲で取引することは最も重要です。
 
これは大変重要なポイントですので十二分に留意してください。

全ての方に重要なお知らせです

当サイトは、当サイトが制作している完全自動発注システムのセットアップ~正しい使い方をサポートする目的のWebサイトです。システムの正しい使い方・活用の方法をご理解いただくことでよりしっかり成果を手にすることができます。ご不安な点や疑問点はご遠慮なくご相談ください。
また、パラメータなどがシステム設計上正しい範囲で行われているかどうかは判断・アドバイスできますが、利益の出る設定をアドバイスできる訳ではありません(投資の助言に類するアドバイスはできません)

 
 

サポート