注文テストの実施

実稼働の前に、一度は注文テストを実施してください。
入力した取引パスワードが正しいか、設定が正しくできているか確認することができます。

※テストは土日祝日や入金前でもできます。

注文テストの方法

1.岡三RSSに接続します
岡三RSSに接続した状態でファイルを開いてください。

2.取引パスワードを入力します
setupシートに先物・オプション取引パスワードを入力してください。

3.開始またはSTARTボタンを押して動作を開始します
条件が整うと実取引を開始してしまう可能性がありますので、発注確認は「あり」のままにしておいてください。

4.Setupシートの「注文テスト」ボタンを押します

5.新規注文受付のメッセージが表示されます

MArketAnalyzerでは日経225Mini1枚(買いまたは売り)
ArbiMasterでは日経225MiniとTopixMini1枚ずつの新規注文受付のメッセージが右下に数秒間表示されればテストは成功です。

この時、下記の「注文エラー」が表示された場合は取引パスワードが間違っていますので、入力をご確認ください。
※取引パスワードは日本株のものではなく、先物・オプションのものを入力してください。

6.必ず「テスト注文取消」を押します

「新規取消結果」のメッセージが画面右下に表示されれば取消し成功です。

※注文テストでは現在価格から大きく離れた価格に注文を出すので、実際に約定してしまうことはほぼありませんが、念のためテストが終了したら必ず取消しを行ってください。

注文テストが成功すれば取引の準備は完了です。実稼働へ進みましょう。

 

よくある質問とヒント

「発注不可設定になっています」というメッセージが出ました

アドインが「発注不可」に設定されていると一切の発注ができません。
アドインの発注可・不可を確認をするには、エクセルの下記の部分を確認してください。
 
addin1
アドインに問題がなく発注できない場合は、「取引パスワード」が間違っている可能性があります。
日本株のものではなく、先物・オプションの取引パスワードが入力されているかご確認ください。
 

「証拠金不足」というメッセージが出ました

発注情報が正しく証券会社に送信されているかを確認することがこのテストの目的で、証拠金不足のメッセージが出たということは口座情報を正しく照会できているという証拠なので注文テストは成功です。

 
 

サポート