手動発注の解説

手動発注機能の概要

shudouhattyuu

手動発注機能は新規発注を手動で行う方法です。

NT倍率の基準時点を選択すると
現在のNT倍率がその時点からどのくらい高低差があるのか表示され、
その値から判断して自分でN買いT売り、またはN売りT買いのボタンを押して発注することができます。

手動発注設定欄の下にある手動発注補助グラフはより正確な手動発注を行うためのグラフです。

右上の黄色の囲みの「EMA期間」と「振幅バンド」設定値を変更することで
移動平均線とその上下のバンド幅を変更することができます。

赤丸の箇所で新規N買+T売り、青丸の箇所ではN売+T買ポジションを持ちます。

返済は利益目標額を設定しておいてD3の自動返済で行うか、
決済可能損益の表示から判断して自分で手動返済するか選択することができます。

利益確定額は、
225Mini8枚+T1枚の場合なら2万円前後の利益確定目標にしておくと良いです。

手動発注の銘柄と設定枚数はSetupシートで変更できます。
shudousettei

サポート