バージョンアップの手順

 
自動発注システムは予告なくバージョンアップされる事があります。
バージョンアップの際はユーザーさんにメールでお知らせすると同時に、当サイトのTOPページにも記載しますので、定期的に当サイトをご確認ください。

バージョンアップの際のシステムファイル差し替えは下記の手順でお願いします。

現行システムを停止させる

完全自動発注システムが動作中には必ず「STOP」ボタンで動作を停止させて下さい。
※誤発注などの原因になります。
 

現在の設定を保存する

シートsetupの「設定の記録」ボタンを押してください。
記録

このボタンを押すと現行の設定がテキストデータで保存され、ご自身のPCの「ドキュメント」のフォルダに保存されます。

Arbimasterの場合はParameterAB.txt
MarketAnalyzerの場合はParameterMA.txt
Arbi-Analyzerの場合はParameter.txt
というファイルが保存されています

 

終了ボタンを押して現行ファイルを閉じる

 

新しいファイルをダウンロードし設定を移す

下記の方法で新しいファイルをダウンロードしてください。

1.ユーザーズガイドにログインします

ファイルのダウンロードの際はダウンロード権限の確認が必要ですので、お使いのメールアドレスと初回登録時にメールでお知らせしましたパスワードを入力してログインしてください。


 

2.ダウンロードページを開きます

ダウンロードページを開き、該当のファイルの「Download」のボタンをクリックします。

 

3.ファイルをダウンロードします

開いたページで「Download」の文字をクリックします。
ファイルのバージョン名は上に記載されていますので確認してください。

 
保存方法が表示された場合は「保存」をクリックしてください。
(何も表示されずに自動保存される場合もあります)

 

デスクトップに保存します

使いやすいようファイルをデスクトップに移動します。
ファイルの保存先を指定していない場合は「ダウンロード」というフォルダに保存されています。
画面の下のバーにあるフォルダのマークをクリックしてエクスプローラーを表示します。

エクスプローラーが開いたら左列または右側から「ダウンロード」を選んで開きます。

ダウンロードしたファイルの上で右クリックして、一覧の中から「切り取り」を左クリックします。

デスクトップの何もない場所で右クリックして、一覧の中から「貼り付け」を左クリックします。

これでデスクトップにファイルを保存できます。

 

5.データ取り込み設定をする

岡三RSSに接続した後、デスクトップに保存したファイルを開きます。

シートSETUPの左上にある「岡三RSS関数再設定」のボタンを押します。

次にシートSETUPの「設定の復元」ボタンを押すと設定値が以前のとおりに自動で移植されます。
※取引パスワードだけは復元されませんのでご自身で入力してください。

復元

動作の開始ボタンを押して、正常にデータが取り込まれるか確認します。

データ取り込みできたら、一度「終了」を押して保存終了します。

もう一度起動して、STARTボタンだけでデータ取り込みできればデータ取り込み設定の保存ができています。
(うまくいかなかった場合は5の手順をもう一度行ってください)

これでバージョンアップは完了です。

 

 

よくある質問とヒント

 

建玉保有中にファイルの入れ替えをしても大丈夫ですか?

建玉の情報は岡三RSS接続時に入力したID・パスワードに紐づけられているのでファイルを入れ替えても建玉が反映されます。
決済間近の瞬間を除けば建玉があってもファイルの入れ替えをしても大丈夫です。

サポート