VPSとパソコン、オススメはどっち?

 
FXなどの自動売買ではVPS(クラウド上のパソコン)が使われることがあるようですが、
私としてはVPSはあまりお勧めできません。
  
電気代を加味した料金もVPSの方が高くつき、動作速度はVPSだと遅すぎる場合があります。
 

料金比較

VPSの場合

  • 初期費用   ナシ(、、として)
  • 月額費用   4000円(メモリ4GBの場合のVPSの料金として)
  • 1年間の費用  48,000円
  • 2年間の費用  96,000円

自前パソコンの場合

  • 初期費用   40000円ほど(Dellのノートの場合
  • 月額費用   1144円(およその電気料金)

※64W × 24時間 × 30日 × 23円(平均的な電気料金単価)= 1144円(月間電気代金)

  • 1年間の費用  53,728円
  • 2年間の費用  67,456円

 

動作速度

動作は、VPSより自前PCの方が速いのが一般的です。
(中には使い方が良くなくて、動作を遅くしてしまっている方も、、、)
VPSだと共用サーバーであることが多いので、他の利用者によっても遅かったり、アクセスしづらい時間などがある場合もあります。

自前パソコンの場合、動作速度を重くするものの代表はウィルス対策ソフトです。
マカフィーや、ウィルスバスターは使用せずに、CanonのESETセキュリティなどを使うと、それが起動しているのも忘れるほど動作が軽く自動発注に支障がありません。
 

外部からの操作性

自動売買を動かす場合には
外部からのアクセス性・・スマホやタブレットなどからもパソコンを開いたり自動発注を開始したり・・も重要ですが

外部からのアクセスはVPSも自前パソコンも同じです。

自前パソコンの場合には、Teamviewer(無料で使えます)などを入れておけば、VPSと同様に外部からのアクセスができます。
 
以上のことから、私としてはVPSではなく自前パソコンを強くお勧めします。

サポート