設定項目の解説

ArbiMasterD3の設定は、シートSetupとシートAutotradeの2シートあります。

SETUPの設定(枚数の設定や取引動作の初期設定項目)

arbi_kaise1

1・岡三RSS関数再設定ボタン
このボタンは以下の場合に押してください
・データや板の値が読み込まれない
・シートAutotradeの板などが#N/A?などになっている場合
終了時に保存されますのでこのボタンを押すのは一度だけで大丈夫です
 

2・テスト発注ボタン
テスト発注をすることで下記の確認できます
・正常に岡三RSSの設定が正常にセットアップ出来ているか
・取引パスワードが正しく入っているか
テスト発注では約定しない価格に実際に注文を入れます。
よって、テスト後は「取り消し」をしておいてください。
 

3・取引パスワード
※要入力(取引しない場合は空白にしておいてください)
岡三オンライン証券の先物OPの取引パスワードを入れる
※動作テストや発注したくない場合は空欄にしておいてください
 

4・パラメータ(変数)
※ここは特に変更の必要はありません
ArbiMasterD3のD3ストラテジーではサヤ方向の基準としてサヤトリベースファイルの判定を使っています。
〔注意〕
D3ストラテジーではこれを「方向判断」に使っているだけで、この判定の通りにポジションを持つものではありません。
※ポジションと一致してなくても何の問題もありません。
 

5・更新間隔
※ここは通常は変更の必要はありません
パソコンの動作が重い時や途中で停止してしまうことなどがあればこの値を大きく変更してください(例:5秒などに)
 

6・チャート倍率
※ここは通常は変更の必要はありません
この値を大きくするとシートAutotradeのチャートのNT倍率の振幅幅が大きくなります。手動取引する場合に便利な場合があります
 

7・UWSCモード
※ここは通常はOFFにしておいてください
ArbiMasterD3の起動自体も自動化したい場合にはUWSCという便利なフリーソフトを併用することでそれが可能になります。
詳しくは下記のページをご覧ください

UWSC起動モード
〔注意〕
UWSCモードがOFFでもArbiMasterD3の保存・終了はここの設定時間に自動で行われます

 

8・D3ストラテジー発注時間
※ここは通常は変更の必要はありません
ここでの設定時間内のみポジションの新規・解消の動作をします
 

9・D3ストラテジーの発注の設定
※要設定(重要な設定項目です)
D3ストラテジーは1st,2nd,3rdまで3つのポジションを自動で持つことができます。ここではその発注の有り無しと枚数の設定をしてください。
 

10・待受け発注の設定
※要設定(重要な設定項目です)
待受け発注のありナシと枚数の設定をしてください。
 

11・手動発注の設定
※要設定(発注するにはボタンを手作業で押す必要があります)
手動発注の枚数の設定をしておきます。
Autotradeの設定項目(日々の動作中に表示するシートです)

arbi_kaise4
黄色の①・②・③は重要な設定項目ですので、こちらのページの解説をご覧ください。

重要な設定箇所

A・STARTボタン
データの取り込みや判定の動作を開始させる時に押します。
 

B・発注確認ボタン
※重要な設定
発注の際の確認メッセージの表示をありかナシに設定します。
「あり」だと手動操作が必要になるので完全自動発注する場合はSTARTボタンを押した後に「ナシ」に変更してください。
なお、誤発注を防ぐためにファイル開く際には必ず「あり」に戻るよう設定してありますので、取引開始の際は毎回必ず確認してください。
 

C・STOPボタン
動作を停止させる際に押します。
ファイルを閉じる際は先にこのボタンで動作を停止させてください。
 

D・終了ボタン
ファイルを保存して終了します。
このボタンを押す前に必ずSTOPボタンで動作を停止させてください。
E・新規発注IDボタン
基本的には場中の取引は1回しかしないように設定されていますが、同じ場中に2度目の新規発注をさせたい時に押します。
F・手動返済IDクリアボタン
手動返済をすると発注IDが設定されるので、次の注文のためにこのボタンを押してそのIDを消去します。

シートSETUP
arbi_kaise1

シートAutotoradearbi_kaise4

サポート