自動売買を始めるにあたってのご注意

※当自動売買ツールは投資の成績を保証するものではなく、結果はユーザーそれぞれに異なります。

パソコンは自動売買専用パソコンをお勧めします

完全自動売買はご自身の資金をパソコンが動かすものですので、
どんなパソコンを使用するかはとても重要です。
自動売買システムは非常に複雑にできていますので
パソコンのコンディションが良好でないと大きなトラブルが発生したり
損失が出る可能性もあります。
このような事態を避けるため、安定した動作ができるパソコンをご使用いただき、
ご自身で定期的にコンデジションをチェックしてください。

次のような場合は新しいパソコンのご準備をお勧めします

・本体・OSが古い
本体やOSが古いとトラブルが起きやすくなります。

・いろいろなソフトなどをインストールしてある
メモリには十分な容量が必要であり、
また自動売買ソフトと相性の悪いアプリなどもあるので、
できるだけ余計なソフトがインストールされていないものをご準備ください。

・事務作業等に使用している
日常的にパソコンを使用されている場合は
メモリ容量の点でも誤操作予防の点でも
同じパソコンでの自動売買はお勧めできません。
特にエクセルを使用される場合は、稼働に支障が出るため
自動売買ソフトと同時に開くことができません。

・家族で共用している
操作方法などについて理解されていない方が
自動売買中のパソコンに触れることは
極力避けていただいた方が良いでしょう。
複数の人が使用するパソコンでは
誤操作などの可能性が高くなりますのでご注意ください。

自動売買専用パソコンは高性能なものでなくても構いませんが、
上記のように使用方法や環境も重要です。
新規購入の際のパソコンの選定や購入代行もサポートしていますので
お困りの場合はご相談ください。

建玉状態は必ずご自身で定期的に確認してください

Windowsの自動更新などがかかってパソコンの電源が落ちてしまった場合や
動作が遅いパソコンを使用している場合などは
「両建てのポジションがカタバリなどの状態になってしまう」などの
トラブルの恐れもあります。

自動売買は開始さえすれば自動で取引ができるものですが、
トラブルの際にはいち早く対応できるよう、
建玉の状態は必ずご自身で定期的に確認をお願いします。

資金には余裕を持って取引してください

取引開始当初に余裕を持って資金を準備しても、
その後の取引や建玉の状態によっては資金不足になる可能性もあります。

建玉を持った後、もし返済注文時に資金が足りなくなると
返済ができなくなる恐れもありますので
資金目一杯まで建玉を持ってしまわないようご注意ください。

また資金残額(取引余力)については
ご自身で定期的に確認していただくようお願いします。

手動による取引方法を確認しておいてください

パソコンやソフトに何らかのトラブルがあった時は
自動で取引を行うことができなくなることも考えられます。

もしもの場合はご自身で手動で対応していただく必要がありますので
証券会社のホームページや証券会社の発注ツールなどを使って
約定履歴や建玉の状況を確認する方法と、
手動で発注する方法を必ず確認しておいてください。

【投資に係るリスク・免責事項および手数料について】

当自動売買ツールは投資の成績を保証するものではなく、結果はユーザーそれぞれに異なります。
信用取引や先物取引は価格変動リスクを伴い、証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
また、パソコンや当ツールのトラブルに起因して発生したいかなる損失も補填はできません。
日経225先物(Mini) 、Topix先物(Mini)取引には証券会社の売買手数料がかかります。