Model1ストラテジーの解説

Model1はシンプル・短期保有の完全自動サヤトリツールです。

ArbiMasrerD3rをお使いの方はストラテジーの一つとして組み込まれていますので
最新版をダウンロードしてお使いいただけます。

シンプル・短期保有・低リスク

完全自動のサヤトリツールModel1は初心者にも判りやすくシンプル・短期保有・低リスクです。わかりやすい売買の仕組みで自動売買が初めての方にもお勧めできます。

ストラテジー解説

リスクについては一般に
長期保有よりも短期保有の方がリスク&期待値は低い傾向がありますが
Model1は短期保有の完全自動のサヤトリツールです(保有期間 翌日~1週間ほど目安)。

ポジションは2つまで保有可能

Model1ストラテジーでは2つのポジションを保有することができます。

1.引けポジション

このポジションは15:15分の大引けの時にしか新規発注を行いません。

もし15:10分の時点で前日からのポジションを保有したままの場合は、
15:01の判定結果により新規発注動作が異なります。

2.ザラバポジション

このポジションはザラバ(マーケット開催中)にしか新規発注を行いません。

また、新規発注の条件は先に保有した引けポジションに含み損が発生し、
その額がトリガー水準の設定額に達した時です。


動作の解説

Model1ストラテジーの動作順序は次の通りです。

    1. ポジション方向の判定

15:01に東証株価指数または日経平均株価(任意に選択できます)の変動から
ポジションを持つ方向を判断します

    1. 引けポジションの新規保有

大引けに成行FAKでN買T売またはN売T買のポジションを自動で持ちます

    1. ザラバポジションの新規保有(任意で使用可能)

大引けで新規ポジションを持つ他に、設定によりザラバ(マーケット開催中)の価格変化で
ポジションを新規建てすることもできます。

※このポジションの優位性
・ザラバポジションはTopixMiniを選択した場合に不利価格で約定することを防ぐことができます
・引けポジションのナンピンポジション(建て増し)の役割にもなります

    1. 高度な利益確定

マーケット開催中の価格変化を常時監視し、
設定した利益確定幅を確保できるタイミングを自動でみつけ自動で利益確定します。

この場合、板とその枚数も監視していますので
スリッページが発生しにくい高度な仕組みになっています。

    1. 寄付き又は大引けで自動返済

利益確定できない場合には設定した期限(翌日の寄付き(8:45)又は翌日の大引け(15:15))で自動返済します。

※大引け(15:15)に設定した場合、「ポジション方向の判定」が同じであれば
返済しません(手数料のみかさんでしまうため)

Model1ストラテジー各項目の解説

A.SQまでの日数
現在の期近の銘柄のSQまでの日数を表示します。
B.現在のNT倍率
今現在のNT倍率を表示します。
C.判定用データ
判定用データ選択で選択したデータの直近10日分のデータを表示します。
D.判定の表示
直近3日分の判定を表示します。
E.ポジションの表示
現在保有中のポジションを表示します。取引時間中であれば決済可能損益が表示され、手動返済ボタンで返済することも可能です。

NT倍率チャートの解説

上記チャートでは日経225とTopix、NT倍率の推移を表示しています。
(日経225とTopixは16:30の価格を起点にそれぞれの推移を相対的に表示しています)

またポジションを持つとポジション保有ラインと利益確定目安ラインが表示されるため、
”現在のNT倍率がどこまで推移すれば利益確定に達するか”ということを視覚的に確認することができます。

Model1ストラテジーの設定箇所

1.判定用データ選択
判定に使用するデータを東証株価指数または日経平均株価から選択します。この選択によって判定用データと推移グラフが変化します。選択中のデータはこの項目の下に表示されます。
2.取引銘柄と枚数の設定
取引銘柄と枚数について、引け・ザラバの両ポジションを一括設定します。
推奨枚数は日経225ミニ8枚:Topixラージ1枚です。
その半分の日経225ミニ4枚:Topixミニ5枚でも取引可能ですが、
ミニ8枚:ラージ1枚に比べて約定価格が不利になる可能性もありますのでご注意ください。
3.自動発注の設定
各ポジションの自動発注の設定をします。
引けポジションを「する」に設定すると15:15の大引けで判定に従って自動で新規ポジションを保有します。ポジション保有中に「しない」に設定した場合はそのポジションの利益確定や設定したポジション保有期限での返済は自動で行いますが、返済後に新たな新規ポジションは保有しません。
ザラバポジションを「する」に設定すると、引けポジションの含み損がトリガー水準で設定した金額になった時に引け発注ポジションと同じ方法のポジションを新規発注します。
4.トリガー水準
ザラバ発注する際の基準を設定します。
引けポジションの含み損がこの設定額に達した時に新規発注します。
5.利益確定目標
設定したポジション保有期限までにこの額に達した場合はそこで利益確定します。
この設定額は検証ファイルを参考に決定してください。
6.ポジション保有期限
15:15の大引けでポジションを保有した後、何時に返済を行うか設定します。翌8:45、翌15:15から選択が可能で、長く保有すれば利益確定目標に到達するチャンスが多くなりますが、同時に含み損が大きくなる可能性も高くなります。保有時間が短い場合はその逆になります。この期限までに利益確定目標で設定した額に達した場合はその時点で返済となります。