1日の動作スケジュール

~8:40
パソコンを起動します。
岡三RSSを起動して接続します。※岡三RSSに接続する前にシステムの開始を押すとエラーが出る場合があります。
ArbiMasterでは起動後に自動で注文テストが行われ、その後自動取消しされますので少し時間に余裕を持って8:40頃までに起動してください。
MarketAnalyzerでは自動注文テストはありませんので、取引開始時刻の8:45までに起動してください。
システムファイルを起動したら開始またはSTARTボタンを押し、発注確認の表示を「ナシ」に設定します。
(取引開始時刻の8:45を過ぎても開始できます)

 

 8:45
日中取引開始

 

15:15
日中取引終了
この間も動作はONのままで大丈夫です。
MarketAnalyzerではこの後、約定履歴がクリアされます。
ArbiMasterでは建玉があっても取引停止中は損益・決済可能損益の表示が「0」になります。

 

16:30
夜間取引開始

 

 5:30
夜間取引終了
この後setupシートの「UWSC起動モード・自動保存終了時刻」で設定した時刻にシステムが自動終了します。UWSC起動モードがONでもOFFでもこの時刻で終了します。

自動終了時刻より前の場合は手動で停止・終了してください

 

 6:00頃

メンテナンスのため「10分後に終了」のメッセージが出て岡三RSSが一旦停止します。
手動で「OK」を押すまでメッセージは表示されたままですが、自動で停止・メンテナンスを行って再接続します。


 

システムファイルを閉じた後はパソコンを再起動します。
※システムファイルを閉じるだけでなく、パソコン本体の電源の再起動が必要です。
 (VPSをお使いの場合はパソコン本体の電源の再起動は必要ありません)

 

よくある質問とヒント

8:45を過ぎてから開始しても大丈夫ですか?

8:45を過ぎて開始しても大丈夫です。
ただ場中に開始する場合は開始ボタンを押した直後に新規発注メッセージが表示される場合がありますので、その時はその発注をキャンセルしてください。

サポート