基本的な設定の例

 ※設定例2(トレンド相場に強い設定)及び3(レンジ相場に強い設定)は使い方に慣れてからの使用を推奨します MarketAnalyzerD20.30シリーズでは、以前のバージョンよりも細かくサインを発生させて 小さな利益を重ねることができますが、設定値によっては以前のバージョンと同じザックリとした取引をすることもできます。
※画像のまま使用せずに利益確定幅、ロスカット幅など5円でも前後させてください 皆の設定が同じで結果も同じ・・・これは実際のマーケットではありえませんので パラメータ設定はできるだけ皆さんがバラバラに設定していただように配慮しています  

1.パラメータの設定は見送り条件1・2共に0.70~0.75% 最大サイン判定回数は2~3回に設定

2.注文取消し時間は10秒程度に設定

3.返済注文時発注条件の利益確定額やロスカット水準は 50~100円幅程度で設定

4.判定用データは「N225」(Large)を選択

5.フィルタ設定はすべて「ナシ」に設定

  上記設定を目安にすると以前のバージョンのようなザックリとした取引ができます。   →トレンド相場に強い設定はコチラ   →レンジ相場に強い設定はコチラ

サポート

compose_72-net

ご利用を検討中の皆様

 

volume_72px_1180647_easyicon-net

システムをご利用中の皆様

よくあるご質問

compose_72-net

よくあるご質問