1st、2nd、3rdポジションとは

ArbiMasterD3では1st~3rdまで3つのポジションを持つことができます。
NT倍率と各ポジションの関係は下記のようなイメージになります。

 

N売T買の判定がされた基準価格から、新規発注条件で設定した額、有利な位置にNT倍率が推移するとポジションを持ちます。
1stより2nd、2ndより3rdの新規発注条件の金額設定を大きくすることで図のようにポジションを持ち、3rd、2nd、1stの順で利益確定します。
そのため後からポジションを持つ3rd、2ndの方がポジションの保有時間は比較的短く、1stポジションが含み損状態の間に2ndや3rdポジションが利益確保をしてくれる傾向にあります。

 
 

各ポジションの利益イメージ

1st、2nd、3rdポジションの利益の重ね方は下図のようなイメージです。

1stポジションは保有時間が比較的長い傾向がありますが、2nd、3rdポジションは比較的保有時間が短く、勝率も高い傾向があります。
2nd、3rdポジションの設定を「あり」で稼働することで、図のように1stポジションに動きがない間(含み損になっている間)に2ndや3rdポジションが利益確保をしてくれる傾向があります。

 

サポート