メジャーSQとは?

 
ArbiMasterD3やMarketAnalyzerD20が取引する日経225MiniやTopixLargeなどの先物は年に4回のメジャーSQがあります。
 
ArbimasterD3は数日間ポジションを保有することも珍しくありませんが、自動でロールオーバーする機能はありません。SQ前日にポジションをお持ちの場合には下記のようにSQを通過させてください。
 
 

ArbiMasterD3でSQを通過する方法

方法1

SQ前日の大引けまで、又はSQ前の大引けでポジション解消する

例1)SQの前日くらいになったら「利益確定条件」を小さめにして自動決済させる

例2)15:10~15:15の間に「手動決済」ボタンで決済すると成行きFAKで大引け決済されます

方法2

自分では決済せず、翌日のSQで清算する
(何もせずそのままにしておくと自動的にSQ清算になります)
※SQ精算分は、大引けが過ぎてから損益が反映されます

方法3

手動で翌月限にロールオーバーする。
自動ロールオーバーはできませんのでナイトセッション以降に再度同じ方向のポジションを手動ボタンで建てる必要があります。
※高度な慣れが必要ですので、通常は上記の1か2のどちらかだと思います。

SQ(Special Quotation スペシャル・クォーテーション)とは株価指数先物取引やオプション取引などの最終決算日のことで、この日に現物価格と先物価格が一致します。

オプション取引では毎月第二金曜日にSQがありますが、株価指数先物取引では3、6、9、12月の第二金曜日がSQとなり、オプションと先物のSQが重なる場合を『メジャーSQ』と呼びます。

株価指数先物取引ではメジャーSQの寄付時に特別清算指数が算出され、その月を期限とする銘柄の建玉を保有している場合、特別清算指数での強制決済(SQ清算)となります。

サポート