実稼働の開始

 
テスト稼働で問題がなければ実稼働に進みましょう。

実稼働前の準備

動作を停止した状態で、設定値などの設定を行います。

・取引枚数や新規発注条件など各シートの設定を確認してください

・取引パスワードが入力されているか確認してください

アドインが「発注可」になっているか確認してください
 

準備
・岡三RSSに接続します
・取引パスワードを入力しておきます(一度保存すれば毎回入力する必要はありません)

取引開始時間前

6時台は岡三RSSのメンテナンスが行われるので、手動起動するなら7時以降をお勧めします。
ファイル起動の5分後に自動発注テストが行われるので8:40頃までに起動すると良いでしょう。
(自動発注テストは発注の40秒後に自動で取消しされます。場中に自動発注テストが行われる場合でも、約定できないような価格で注文テストをするので間違って約定する心配はありません)
取引開始は8:45です。

起動後にすること

  1. スタート(開始)ボタンを押します
  2. 発注確認を「ナシ」にします
    自動注文テストの際は発注確認は「あり」でも「ナシ」でも自動で行われます

530

取引終了は翌朝5:30です。
UWSC起動モードの自動保存終了時刻で設定した時刻に自動でシステムが保存・終了します

終了後にすること

  • 朝の起動前にパソコン本体を再起動しておきます
    (VPSをお使いの場合はパソコン本体の再起動は必要ありません)

 

よくある質問とヒント

8:45を過ぎてしまいましたが今からでも起動できますか?

システムの起動は場の途中でも問題はありません。
しかしその際は十分に注意が必要です。

取引時間中に起動するとSTART(開始)直後に注文が執行される場合がありますので、その際には「発注確認」の小ウィンドウが立ち上がりますので「いいえ」を押して注文をキャンセルしてください。
「はい」を押してしまうと本来するべきではない取引をしてしまう恐れがあります。
詳しくはコチラをご確認ください。

もちろん、取引のチャンスを逃してしまう場合があるので時間前の起動をお勧めします。

 

自動発注システムを動かしているパソコンで他の作業をしても大丈夫ですか?

パソコンの能力にもよりますがWebサイト閲覧や証券会社のチャートを開いたりといった程度でしたら通常は大丈夫です。
しかし、EXCELを使ったほかの作業はしないでください(マクロの動作に支障が出る恐れがあるためです)。

勿論、専用パソコンで自動発注システムを動かすことを推奨します。

 

外出先から自動発注システムの開始や動作確認はできますか?

はい、できます。

TeamviewerChromeリモートデスクトップなどの無料で使えるアプリでパソコンの再起動~自動発注システムの起動・停止、動作確認などができて非常に便利です。

毎日の起動も自動化できませんか?

はい、可能です(人によってはチョット難しい場合もあります)

日々の起動まで完全に自動化する場合にはwindowsに標準装備されているタスクスケジューラという機能を活用し、パソコンの再起動~システムの起動をさせます。
ArbiMasterD3・MarketAnalyzerD20にはタスクスケジューラを使う場合の「UWSC起動モード」を用意してあります。

UWSC起動モードの解説

実稼働に際しての注意

・建玉の状況などを定期的に確認し、動作に問題ないかご自身で確認してください
・任意に取引に介入(自分で決済するなど)したり、意図的に停止させておくなども可能です

サポート