テスト稼働(3~5日間))

 
テスト稼働は実際の発注はさせずに終日動作させ、パソコンが途中で停止しないか、データが終日正常に取得できているかなど確認し、且つ、使用方法に慣れていただくものです。デモ売買などはできません。

テスト稼働の方法

 
1.朝8:40までにパソコンを起動し、岡三RSSに接続、
  システムファイルを起動します。

2.setupシートに取引パスワードが入力されていない状態で
  
STARTボタンまたは開始ボタンを押して動作を開始します。

3.「発注確認の表示」を「ナシ」に設定します。

4.そのまま翌朝5:30の引けまで稼働します。

5.5:30に取引が終了した後、setupシートの「UWSC起動モード」の
  「自動保存終了時刻」で設定した時刻にシステムファイルが自動で閉じます。
  自動保存終了の時刻前に手動で「終了」ボタンを押して閉じても構いません。

6.パソコンの電源を一旦切って再起動します。
  次に1の手順に戻ります。
 
以上がテスト稼働の手順です。
 

テスト稼働で確認するポイント

  • パソコンがフリーズしたり、勝手にシステムが閉じたりしてませんか?
  • setupシートで設定した「更新間隔」の秒数毎に板の数字が変化していますか?
  • グラフは現在時刻まで止まらずに表示されていますか?

 

上記のテストを3~5日程度行っていただき、問題がなければ次のステップの注文テストを行ってください。

サポート