岡三RSSのメッセージで「発注不可」と表示が出ます

アドインが発注不可になっているのが原因です。
アドインが発注可になっているか確認してください。

アドインの確認をするには、エクセルの下記の部分を確認してください。
addin1
アドインに問題がない場合は、取引パスワードが間違っている可能性があります。
その場合は、注文テストを行ってみてください。
注文テストの実施

 

 

起動すると毎回アドインが発注不可になっています

岡三RSSの設定が原因です。設定を変更してください。

設定の手順は

岡三RSSが起動されている状態で、
PC右下の緑色の岡三RSSのマークをマウスで右クリック
rss

一番上の「設定」をクリック
settei1

下の図の
「エクセルの注文可・不可状態を維持する」
にチェックを入れて「OK」を押せば完了です。
settei2

セルに #NAME? と表示され正しいデータが表示されません

このような表示が出た際はsetupシートにある岡三RSS関数再設定ボタンを押すと表示が消え、正しいデータが表示されます。


上の画像のように#NAME?と表示されているセルの入力を確認すると、下の画像のように、=の後ろに岡三RSSへのパスが入っています。

RSSこれは、このファイルを作成したPCの岡三RSSの保存先が指定されている状態です。
岡三RSS関数はExcelのオリジナル関数ではないので、別のPCで作成したファイルを開くとこの様になってしまうことがあります。

動作を停止した状態でsetupシートの岡三RSS関数再設定ボタンを押すと、ご自身のPCの岡三RSSの保存先を指定することができますので、赤枠の部分のエラー表示が消え、正しいデータが表示されます。

 

 

「コピーしたファイルは使用できません」というメッセージが出ます

ファイルにはコピー防止のマクロが入っています。

最初に起動したパソコンとその位置を覚えていて、そのほかの場所で開くとメッセージが表示され、マクロの動作が停止します。
このメッセージが表示された場合はもう一度ダウンロードして、ファイルの場所を変更せずに開いてください。

 

 

「STARTボタンを押すのは1度だけです」というメッセージが出ます

setupシート左下の「UWSC起動モード」がONになっていませんか?
このモードはすべての動作を自動で行いたい時に使うモードで、ONにすると自動で開始ボタンが押されます。
手動で開始ボタンを押す場合は二重の開始となってしまいますので、この設定をOFFにしてください。

UWSC起動モードの使い方

 

 

決済可能損益が表示されません

損益が表示されない原因は
「シートSETUPでの設定枚数と実際の建玉枚数が合致しない」ことにあります。

これは、ArbiMasterD3の建玉を誤って手作業で返済してしまった場合や二重に建玉を保有してしまった場合などに発生します。

設定枚数を実際に保有している枚数に合わせて変更すると決済可能損益が表示され、自動返済も可能になりますが、サヤトリの正しいバランス枚数になっていない場合は注意しながら動かしてください。